ザ・プロフィット―利益はどのようにして生まれるか

画像:ザ・プロフィット―利益はどのようにして生まれるか

  • 著者名:エイドリアン・スライウォツキー
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 価格:1680円(税込み)
  • 出版日:2002/12/14

Amazonで購入する

書籍内容

戦略企画部門で働くスティーブは、自社の業績落ち込みに悩んでいた。そんなとき「ビジネスで利益が生まれる仕組みを知り尽くした男」デビッドと出会う−。ビジネスで利益を生み出すには? ストーリー形式で答えるビジネス書。

書評・レビュー

副題にあるように利益創出モデルを若いスティーブが賢人チャオから学ぶ物語。「市場シェア」が利益の源泉と考えるビジネスモデルは機能不全になってきている今日、パワフルでかつユニークな利益創出モデルを学び、現実のあなたの会社、ライバルがどのモデルを使っているか、また自社で使えるモデルは・・・等を考えてみる格好の教材です。

画像:片岡 俊彦

推薦するコンサルタント:片岡 俊彦

大学卒業後、就職情報会社(東京)で、人材採用に関する人材コンサルティング業務、人材開発会社(東京)で社会人教育の講座・教材の開発並びに企業の人材育成(集合研修・通信講座等)の講師・コーディネーターを経て、地場中堅企業(福岡)において人事処遇制度のリニューアル及び定着に向けた教育等の実務を経験。大手コンサルティングファーム(店頭公開企業)にて中小企業から上場企業まで、またメーカーからサービス業まで経営診断・人事労務診断及び人事処遇制度の構築、中期ビジョンづくり等のコンサルティングに従事。

退職後、企業と個人のビジョン実現を目指し、組織・人材の開発・活性化を支援するコンサルティングファーム『イノベーションサポート』を設立、雇用の流動化が進展していく中、ヒューマンアセスメント(人事評価)、キャリアカウンセリングにも注力している。

【著書】
「知っておきたい労働法基礎講座(旬刊誌 実践着眼 24回連載)」
「雇用流動化の人事と労務(旬刊誌 実践着眼 9回連載)」

※共著
・2000年度「グローバル化・情報化・デフレ化に挑む自主戦略」田辺昇一監修
・2001年度「グローバル化・IT革命に挑む自立創破戦略」田辺昇一監修
・儲かる企業のインセンティブ制度“デフレ時代の人事・賃金再構築と導入成功実例”
(上記いずれも(株)タナベ経営より発刊)

プロフィールを見る

ページの先頭へ