国際標準プロジェクトマネジメント―PMBOKとEVMS

画像:国際標準プロジェクトマネジメント―PMBOKとEVMS

  • 著者名:能澤 徹
  • 出版社:日科技連出版社
  • 価格:2520円(税込み)
  • 出版日:1999/11

Amazonで購入する

書籍内容

プロジェクトマネジメント(PM)は、ISO10006の発行にともない国際標準として注目されるようになったが、ニーズと重要性に比べて、日本においては国際的・経営的な視点や発注者側に立ったPMの解説書やテキストが少ない。本書は、世界各国が公共事業などのアカンタビリティの向上を目的に導入しているPMの新潮流であるEVMS(Earned Value Management Systems)、またPMの世界標準テキストであるISO10006のベースとなったPMBOK(Project Management Body of Knowledge)、さらにFPI(Fixed Price Incentive)など、PM手法の全体像を国際的な視野で図解を入れてやさしく解説。

書評・レビュー

難しいPM手法を図解入りで分かりやすく説明しています。作業進捗を金銭価値として測定するEVMS(アーンドバリューマネジメントシステム)も事例で説明されており、概念だけに終始していないところが良いです。とはいえ、実際のプロジェクトで適用するには、もう少し工夫が必要だとは思いますが。

画像:光本 茂樹

推薦するコンサルタント:光本 茂樹

1990年:株式会社野村総合研究所入社。ITコンサルティング、情報システム企画設計・開発に従事。大手コンビニエンスストアなど主に流通業界を担当。特に、会計、人事給与、販売、在庫管理、POSなど基幹業務領域で業務プロセス分析、経営戦略を支えるITの企画、導入を実施。

1998年:株式会社日本エル・シー・エー入社。収益構造改革や新規事業立上げ支援、マネジメント支援など中堅・中小企業に対する経営コンサルティングに従事。主要テーマは、中期経営計画・事業計画策定、新規事業立ち上げ、人事諸制度構築、業績管理。

1999年:IT/経営コンサルタントとして独立。大手企業に対する業務改革(BPR)コンサルティング、ERP(基幹業務統合パッケージ)導入コンサルティングを多数実施。大規模業務改革プロジェクトやシステム構築プロジェクトのプロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャを歴任。

2002年:株式会社インターメッセ 代表取締役社長に就任。「ビジネスコンシェルジュ」をコンセプトにサービスを展開中。

プロフィールを見る

ページの先頭へ