日本人にアホはおらん!―個人商店主義が元気を創る

画像:日本人にアホはおらん!―個人商店主義が元気を創る

  • 著者名:宇都宮 俊晴
  • 出版社:講談社
  • 価格:1785円(税込み)
  • 出版日:2002/07

Amazonで購入する

書籍内容

日本人の真価を発揮する道は、個人商店主義にこそある!年商約140億円、従業員数1700人を誇る大型のエンタテインメント・レストランを次々世に送り出す大阪商人が、水商売で培った成功の法則をはじめて明かす。

書評・レビュー

学生の時テレビを見ていた僕が衝撃を受けた社長の本。数年前、宇都宮社長の所へ電話してその時のビデオをいただきました。

画像:鈴木 健廣

推薦するコンサルタント:鈴木 健廣

商社勤務時、外食部では大よそ100坪の店舗を管理(統括店長)。契約部で外食部門・関連会社の商品の契約を担当(契約部付新規開発部長)。訟務部では訴訟等の広報、管理を担当(訟務部広報)を歴任。2002年、21歳で経営コンサルタント・ベンチャーキャピタル業ユナイテッドキャピタルパートナーズを立ち上げ、代表取締役を務める。主に、個人・チェーンの飲食店の経営再建を手掛ける傍ら、学生を対象に企業家輩出プログラムのセミナー講師も務める。その後、2006年より実用的かつ、時代に即した飲食店経営のノウハウを確立するため、知人でもあった西山知義氏の会社で牛角・しゃぶしゃぶ温野菜等を運営する、株式会社レインズインターナショナルに入社。

牛角店長、エリアマネージャー、スーパーバイザーを務め、店舗配属2カ月後の社内表彰で「月間売上予算勝率賞1位」を取る。その後店舗立て直しの任命を受け、不採算店の店長を勤める。4ヶ月後、牛角FCスーパーバイザーに昇任し、15店舗の運営管理に従事。FC店300店強ある中で1年を通し【衛生部門】で「1位」・「モニター」(接客調査)改善率半年平均で「1位」

レインズインターナショナルを卒業する際、加盟店様に「鈴木SVが厳しく管理して頂いたおかけで、私自身価値観が変わり、店舗を管理してました。鈴木SVは他のSVと違い、オブラートに包まず、何でもおっしゃってくれた。本当に有難う御座いました」と嬉しいお言葉を頂きました。その後、現ユナイテッドキャピタルパートナーズに復籍。復帰第一弾の仕事は大手定食業態FC店の売上改善の業務最速、最短で利益を出す為に、今回のプロジェクトは5人の部員を投入し改善に当たりました。現在、21世紀の飲食事業の存続と発展をテーマに著書「地盤を固めよ」を執筆中。

プロフィールを見る

ページの先頭へ