EHR実践マニュアル─その成功戦略と事例研究

画像:EHR実践マニュアル─その成功戦略と事例研究

  • 著者名:ジョー・ミラー,(訳)宮原 勅治
  • 出版社:篠原出版新社
  • 価格:3150円(税込み)
  • 出版日:2009/02

Amazonで購入する

書籍内容

EHR(連携型電子カルテ)の国家戦略から始まり、電子看護記録、クリニカルパスをはじめ救急部門ですら患者の流れが改善した実例、バーコードやオーダ時のアラートがミスを減少させた実例、医師が次第に使用に慣れていった経過、電子記録を法的記録とする方法など、数値や具体例が満載の実践的IT導入書を病院現場の医療情報技師がわかりやすく翻訳。

書評・レビュー

拙訳本で恐縮ですが、病院業界の内情(ITに対する医師の特性)や、医療ITプロジェクトの実践方法が書かれており、医療業界に参入を考えているITベンダー企業の方には必読の本と思います。

画像:宮原 勅治

推薦するコンサルタント:宮原 勅治

1957年生まれ。京都大学大学院(外科系専攻)で医学博士を、神戸大学大学院(経営学)でMBAを取得しました。京都大学附属病院と大学院で文部教官(助手)を経て、現在、独立行政法人・神戸市立医療センター中央市民病院で外科医と医療情報システムの開発・構築をしています。公務員に近い団体職員ですので、ご相談は土・日に限らせていただき、あらかじめご予約をお願いいたします。コンサルタントとして相談役、取締役等での兼業は可能です。

プロフィールを見る

ページの先頭へ