「知の衰退」からいかに脱出するか?

画像:「知の衰退」からいかに脱出するか?

  • 著者名:大前 研一
  • 出版社:光文社
  • 価格:1680円(税込み)
  • 出版日:2009/1/23

Amazonで購入する

書籍内容

"バカっぽい現象"を反面教師にして、大前研一と共に「考え」「皆とは違う行動を取る」ためのテキスト!

書評・レビュー

最近はビジネスパーソン向け教育などに力を入れる大前氏。コンサルタント時代と変わらず、辛口の大前節が炸裂しています。“バカっぽい現象”をテキストにして、「考える力」を取り戻せ!と喝破されております。お勧めします。

画像:大野 敬浩

推薦するコンサルタント:大野 敬浩

1968年静岡県生まれ。駒澤大学経営学部経営学科卒業。早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了。商学修士、中小企業診断士。

リサーチ会社、経営コンサルティング会社(11年間、経営支援部長を歴任)を経て独立。年間200回のセミナー、講演、コンサルティングを実施。私は決して一流大学を出て、一流企業人となる華やかな人生を歩んできたわけではありません。高校時代にはろくに出席もせず、飲食店勤務をするような若者でした。人よりもかなり遠回りをしてきたような気がします。ただ私の周り、特に身内は経営者がぞろぞろいました。これまでの半生、いつも経営・経営者と何らかのかかわりを持っていたような気もします。その後経営学に目覚め、大学院での研究を経て、リサーチ会社に進んだ後、経営コンサルタント会社において11年間様々な業務経験を経て独立しました。

これまでのコンサルタントとしての経験の中からどんな事業も最後は「人」の問題に行き着くことがわかりました。理念やビジョンを作るトップも人。ビジョンを噛み砕いて計画化する管理者も人。計画を実践する最も重要な最前線の従業員も人。もちろん儲かる仕組みを作ることや理論を否定するものではありません。しかし頭でっかちな支援ではそこに存在する人はついてきてくれないのです。泥臭く、泥臭くコンサルティング活動を展開します。支援先の皆様の成長を支援します。「人」が変わっていきます。そして「業績」が変わっていくのです。私はミッション・ビジョンの立案やそれに基づく組織づくり、組織力強化のための教育、モチベーションマネジメントまで、貴社の成長発展を支援するコンサルタントでありたいと願っています。

プロフィールを見る

ページの先頭へ