こうして僕は人気レストランのオーナーになった―社長兼接客係の「徹底現場主義」仕事術

画像:こうして僕は人気レストランのオーナーになった―社長兼接客係の「徹底現場主義」仕事術

  • 著者名:岡部 一己
  • 出版社:角川マガジンズ
  • 価格:1575円(税込み)
  • 出版日:2008/06

Amazonで購入する

書籍内容

第1章
原点回帰することはビジネスの基本(世界で一番素晴らしい仕事をしよう、料理は人を幸せにすると気づいた瞬間 ほか)

第2章
どんな状況にも飛び込んでいく姿勢(猛烈に忙しかったころのことは、決して忘れない、危機発生を想定して、自分なりの解決策を考えておく ほか)

第3章
止まらずに、走りながら考えよう(顧客第一主義について思うこと
常に予測をしながら動け ほか)

第4章
ここぞというときに勝負する強い意志(独立、起業に向かって動き出す、現実味を帯びてきた「独立」 ほか)

第5章
目標とは常に遠くにあるもの(次もまた、もう一つ最高のものを目指して積極的なチャレンジ精神を持とう ほか)

書評・レビュー

予約必至の店を作り上げた「独自の経営哲学」。 経験に基づいた「独立&起業のノウハウ」を一挙公開。

画像:岡部一己

推薦するコンサルタント:岡部一己

フランス料理店を開業して11年。現在「ミシュランガイドブック」の星付きレストラン2店舖を含む東京(麹町、日本橋、三田、新丸ビル、代官山、羽田国際線ターミナルビル、神楽坂)7店舗、博多(JR博多駅ビル)1店舗、合計8店舗の現在予約の取りにくいフランス料理店の社長業をしながら毎日現場に立ち、最前線でお客様に接客をしている、現場第一主義を貫く、「おもてなしのプロであるオーナー ギャルソン」。自店で活躍しながら、外部の3法人(20店舗)のサーヴィスのコンサルティングや総合プロデュースを手掛ける。現場第一主義の社長だから、現場と経営の両方が分かるコンサルティングが出来る。

プロフィールを見る

ページの先頭へ