戦略思考トレーニング―考える力が飛躍的にアップする!

画像:戦略思考トレーニング―考える力が飛躍的にアップする!

  • 著者名:西村 克己
  • 出版社:PHP研究所
  • 価格:420円(税込み)
  • 出版日:2005/02

Amazonで購入する

書籍内容

現代のビジネスシーンで成否のカギを握るのは、“戦略的な発想”ができるかどうかです。本書は、84項目の豊富な例題を解きながら、論理的に物事を考える力が養えるワークブックです。ちょっと頭をひねり、目標達成のための最短距離を戦略的に見つけ出すことによって、仕事のスピード、効率、成果、すべてを高めることができます。日本人が苦手な“思考ロジック”が楽しみながら身につく一冊。

書評・レビュー

同名の単行本と文庫本があり、文庫本をお薦めします。とてもわかりやすく解説されてます。文庫本に良くこれだけの項目が入っていると感心するほどの内容です。改めて自分の思考の狭さを実感しました。マーケの4P、SWOT分析、ロジカルシンキング、MECEから戦略的考え方、意思決定まで、はじめの一歩に最適な軽く読める本になってます。具体的事例から考える例えがわかりやすく書かれています。

画像:新倉 茂彦

推薦するコンサルタント:新倉 茂彦

・1985年~1998年:株式会社タウン・アンド・カントリー(イベント宿泊移動支援:取締役)音楽イベント、スポーツイベントにおける宿泊輸送の手配・調整・管理・折衝等の事・前準備から催事実施

・1998年~2000年:有限会社ティーシーニック(情報セキュリティコンサルティング:代表)サイバーセキュリティビジネスの企画、営業、コンサルティング、セミナー企画講師

・2000年~2005年:株式会社エス・ピー・ネットワーク(企業危機管理支援:情報セキュリティ部長)顧客で起こった問題の相談・解決・提案(クライシスマネジメント)・啓蒙セミナーの講師。顧客に起こりうる事前対策・提案(リスクマネジメント)・ 新規ビジネスの企画提案、アライアンス

・2005年~現在:有限会社ティーシーニック(情報漏洩対策・セキュリティコンサルティング:代表)情報セキュリティを非技術面から支援する漏洩対策・ソーシャルエンジニアリング手法を用いた人的対策。情報漏洩のリスクマネジメント・クライシスマネジメント対策・コンサルティング

・多摩大学大学院・経営情報学修士(M.B.A :Master of Business Administration)
研究テーマ:見えざる"情報監視人"「ミドルマン」とは何か―ネット社会における"機密保持幻想"の解明

プロフィールを見る

ページの先頭へ