ハイコンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

画像:ハイコンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

  • 著者名:ダニエル・ピンク
  • 出版社:三笠書房
  • 価格:1995円(税込み)
  • 出版日:2006/5/8

Amazonで購入する

書籍内容

21世紀にまともな給料をもらって、良い生活をしようと思った時に何をしなければならないか―この「100万ドルの価値がある質問」に初めて真っ正面から答えを示した、アメリカの大ベストセラー。

書評・レビュー

この本には具体的な「答え」が書いてある訳ではありません。ただ何か新しいことを考えなければならないのに、既成概念やこれまでの延長線でしかないアイデアに捕らわれていると感じるときなどに、考え方の切り口を探す手掛かりに利用できるものが多く散りばめられています。

画像:林田 浩一

推薦するコンサルタント:林田 浩一

ダイハツ工業(株)デザイン部にて約10年間のインハウスデザイナーの後、コンサルティング会社等を経て、2005年より林田浩一事務所として活動を開始。企業の創造性を主テーマに、戦略的デザイン活用、商品開発および戦略支援などの領域において、コンサルティング/デザイン開発/関連教育サービスの分野で活動中。2010年1月、自主独立の異能が触発し合うコンサルタント集団【アンサー・コンサルティングLLP】の設立メンバーとして参画。「しなやかな合同体」という新しい形での課題解決もスタートさせている。

プロフィールを見る

ページの先頭へ