立山澄夫詩集

画像:立山澄夫詩集

  • 著者名:立山 澄夫
  • 出版社:思潮社
  • 価格:3,360円(税込み)
  • 出版日:1997/7

Amazonで購入する

書籍内容

人間の本質をやさしく、楽しく、憂いを持って表現された立山澄夫先生の詩集を集めたものです。
立山先生は、大阪大学を出た優秀で著名な歯科医であり、それを裏付ける証拠がこの詩集に秘められている。

書評・レビュー

立山先生は、大阪大学を出た優秀で著名な歯科医である。なぜ優秀かという答えがこの詩集に詰まっていると言ってもいいだろう。それはすはらしい感性と優しさなのである。

実は、私は、私の歯がまだはえていない頃から先生にお世話になっている。もうかれこれ50年近い。だから先生は未だに私を「ボク」と呼んでくれる。私が小さかったので、なるだけ麻酔を減らしたいという先生の思いから、初めての催眠治療なんかを(実験台として?)していただいた。。。

そんな私が小学生の頃、待合室で見つけたのがこの詩集にもおさめられている「カイアティード」という詩集だった。当時は何が書いてあるのかさっぱり分らなかったが、改めて読み直すと「やっぱり偉い人は、深いわぁ~!」と感嘆する。自分を一回り大きくしたい人には、うってつけの詩集だ。

私は、先生からこの本をいただきましたので、みなさんは買ってください(笑)

画像:森田 英一

推薦するコンサルタント:森田 英一

~常識破りの手法で勝ち抜いてきたマーケティング戦略家

1984年、和歌山大学経済学部(山田保ゼミ:現代アメリカ経営学)を卒業後、広告批評グループの企画制作会社にてクリエイティブ制作から舞台演出まで総合的なプロデューサーとして活動。キリン/シーグムでのマーケティングの実際を経て、1995年、阪神大震災を機に現在のSoftBank MB(Digital Phone/J-PHONE/vodafone)へ入社。調査企画からアクションプラン・ブランド戦略、販促プロモーションなどCEOやCMOの参謀としてすべてのマーケティング戦略を企画立案、実践。マーケティングとコミュニケーションに特化し実績をあげてきたマーコムのスペシャリスト。移動体通信事業立ち上げというこれまで世の中に無かった価値観を世に問い広めることでドコモに次ぐポジションを確保などの実績を残した。また、重要顧客接点でもあるCMやWebでカンヌ、NYフェスティバル等受賞多数。

プロフィールを見る

ページの先頭へ